« 縁の大切さ | Main | プロの仕事の凄さ »

2016.02.09

研究発表資料の公開

本県では毎年2月に県立総合教育センターで「県教育研究発表会」が行われる。
発表や講師役等で今まで4回登壇させていただいている。
今年度は一般参加させていただく予定である。

この発表会で発表資料の一部が公開されている。こちら。これは有難いしくみである。

参加しない人にとっては資料を読むことができるし、参加する人にとっても、参加分科会以外の興味あるものを知ることができる。参加する分科会については、「予習」になる。

今回自分が参加するのは社会科分科会。昨年夏に中学校の先生方対象に講師を務めた。その準備段階で、中学校の実践から大いに学ぶことができた。小学校の実践だけではなく、中学校にまで視野を広めることの大切さを感じた。
今回も社会科分科会は中学校や高校の実践報告が多そうである。よき学びの機会となりそうである。

|

« 縁の大切さ | Main | プロの仕事の凄さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 縁の大切さ | Main | プロの仕事の凄さ »