« 5年生学級通信 その2 | Main | 懐かしい思いが次々と… »

2016.04.04

社会科授業開き情報

今年はどのような授業開きをしようか…と考えている人もいると思います。
こういう時には、特集で授業開きに特化している雑誌が役立ちます。

社会科教育」誌の4月号の特集は、「アクティブ・ラーニング時代の授業開き」です。私も「私がしている社会科授業開きの準備」という原稿を書かせていただきました。

また、私自身は次のような授業開きをしてきました。
教諭時代最後のものは次のような感じでした。

---

ようやく専科の社会科授業がスタートした。
貴重な授業時間だ。
1時間1時間を工夫して臨もうと思っている。
今日は授業開きということで、プリントを準備して最初に説明した。
続いて、フラッシュ型教材で時代名暗記に挑戦。
そして、6年生でいつもしている「地球の歴史と人類の歴史」。
地球の歴史を46メートルに見立て、人類の誕生がどこか当てるものである。
今日も最後の5cmという答えに驚いていた。

また、専科ファイルを作り、授業の計画・資料・子どもたちのノート、簡単な記録を1時間ごとに作ることにした。今日は授業後10分ぐらいで作成。これなら全時間記録化は可能だろう。
子どもたちに配布した資料は次の通り。

■社会科学習の心構え

1 歴史や社会を見る力・考える力を伸ばしましょう

 何のために歴史を学ぶのでしょうか。
 何のために社会を学ぶのでしょうか。
 それはその「見方」「考え方」を学ぶためです。
 それが1時間の中でできたら、いい学習ができたと言えます。

2 資料を読み取る力、発表する力を伸ばしましょう

 6年生の社会は資料を使った学習が中心になります。
 そのためには資料を読み取る力を伸ばしましょう。
 具体的な読み取り方法を教えます。
 それに基づいて行えば大丈夫です。
 また読み取ったことは、必ず発表しましょう。
 同じく読み取っても、
発表するとしないでは、天と地ほどの差があります。

3 ノートは「学習のあしあと」にしましょう
 
 学習したこと、自分の考えがわかるノートにしましょう。
 そのためには、板書以外も自分でどんどん書くことです。
自分の考えはもちろん、友だちの考えも書きましょう。
時々点検したり、集めたりします。
 
4 知識を増やしましょう

 社会科では知識も大切です。
 テストは知識がなければ解けないものもあります。
 また知識を身につけることは中学校でも大いに役立ちます。
 ゲームやクイズなど、工夫しますからお楽しみに!

----

初の専科ということへの意気込みが伝わってきます。この学校にこの4月からまた赴任しています。

|

« 5年生学級通信 その2 | Main | 懐かしい思いが次々と… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 5年生学級通信 その2 | Main | 懐かしい思いが次々と… »