« 野口みずき選手の引退 | Main | 「ゼロから学べる小学校社会科授業づくり」が重版に »

2016.04.20

桜の木

8年ぶりに同じ学校に勤めると、ちょっとしたことで「あっ、そうだった」ということに出会う。

入学式のしおりを見て、「あっ、これは自分が撮影した写真!」と思わず懐かしくなった。
桜と校舎をバックに子どもたちが楽しそうに休み時間に遊んでいる写真である。
自分が学校HPのトップページの写真に選んだものだから、強く印象に残っている。
その写真が、ずっと今まで使われているようだった。

それはそれで嬉しいのだが、やはりリニューアルしたい…そう思って先週末、桜の花もいい感じになり、何枚か休み時間に同じアングルで撮影をした。さらに中庭を中心に校舎を撮影すると、また違った雰囲気にとることができた。
それぞれさまざまな場面で活用できそうだ。

桜の木を見ながら、一つ思い出したことがあった。
6年担任の時に、運動会で体調不良で当日休間なければいけない子がいた。
しかし、最後の運動会。どうしても来たいということでお母さんが桜の木の日陰で短時間だけ雰囲気を味わった。自分もその場に行き、あれこれ話をした。休んだためか、桜の木の下で少し恥ずかしそうにしていたA君が印象的だった。
そのA君は高校生の時に交通事故で亡くなった。桜の木がA君を思い出させてくれたのである。

|

« 野口みずき選手の引退 | Main | 「ゼロから学べる小学校社会科授業づくり」が重版に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野口みずき選手の引退 | Main | 「ゼロから学べる小学校社会科授業づくり」が重版に »