« 学級通信エッセー集2 | Main | 野口みずき選手の引退 »

2016.04.18

やはり出かけて学ぶことは大切

土曜日に情報リテラシー連続セミナー@東北大学に参加。

3月に新保先生の登壇で参加し、今回が2回目であった。
その時にも思ったが、今回もやはり出かけて学ぶことは大切だと痛感した。

今回は文科省の情報政策課の室長さんが講師。文科省の現在の政策およびその根拠をわかりやすくお話してくださった。資料は今まで見たものもあったが、改めて解説を聞きながらだと違って見えてくる。
これらをどのようにして学校に還元するか。自分の大切な役目だと感じた。

さらに考えてしまったのが、機器の整備状況。本校ではかつて自分がいたころの財産が活用できる状況にある。これはプラスのことだ。まずはどのように使っていったらよいか。来週の参観授業が一つのきっかけになると思う。

終了後はあれこれ情報交換。自分が大学院生として今後のあれこれを考えるうえでのヒントをいただいた。
隣県でこのようなセミナーが開催されていることは、本当に有難いとつくづく感じる。

|

« 学級通信エッセー集2 | Main | 野口みずき選手の引退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学級通信エッセー集2 | Main | 野口みずき選手の引退 »