« アメリカ研修記6 | Main | 書く機会は学ぶ機会 »

2016.05.16

PTAウィーク

先週は5日間の出勤のうち4日間がPTAに関わる仕事が入っていた。

・市PTA連合会総会
・学校のPTA役員会
・区PTA連合会総会
・学校のPTA常任委員会

これらが毎日勤務後を中心に夜行われた。
まさにPTAウィークであった。

今の職は学校でのPTAの事務局を担う。今までの学校でもそうだったが、今年度は特にPTAの業務について時間を割いている。
時間を割くことは、他の業務の時間が少なくなるということであるが、メリットもある。それは、保護者とのつながりをもつということである。
これは学級担任ではない自分にとっては大切なことである。保護者の声を聞くという点でも大切だ。各種委員会では、保護者の皆さんの考えを知ることができる。それは結果的に子どもたちのためのものになると思いながら、聞いている。

幸い、本校も保護者の皆さんは学校に対して協力的である。担当としてこれは有難いことである。

|

« アメリカ研修記6 | Main | 書く機会は学ぶ機会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アメリカ研修記6 | Main | 書く機会は学ぶ機会 »