« PTAウィーク | Main | 「学校運営」誌4月号 »

2016.05.17

書く機会は学ぶ機会

今年度は、「社会科教育」誌に連載をしている。
連載といえば、「好きな内容を」書いている印象をもつかもしれない。
しかし、今回自分がいただいているテーマは「アクティブな授業づくり」である。
「授業づくり」の中で、課題設定や活動場面などは今までもいろいろな原稿を書いていて、ある程度のメドがついて執筆をしていた。

しかし、授業づくりの中で欠かせない「評価」については、原稿について書いてきたのは、他の項目よりは少ない。
それでも外すわけにはいかないので、改めて今までの少ない原稿を見直したり、文献や書籍を取り寄せて、自分なりにまとめた。
これは自分にとっては貴重な機会となった。今まであれこれ考えていたことが、少しではあるが形となってまとめることができたからである。

若い頃、原稿依頼が来た時には、関連書籍を買い集め、原稿料以上の費用を使っていた。それが自分の学びとなった。今回はそれと同じ。書く機会は学ぶ機会である。

|

« PTAウィーク | Main | 「学校運営」誌4月号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« PTAウィーク | Main | 「学校運営」誌4月号 »