« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」1 | Main | HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」3 »

2016.08.23

HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」2

★ 取りたて野菜、最高!(1・2時間目)


 最初の調理実習の単元。
 野菜を扱うことは決まっている。何か子供たちにとって印象的な野菜との出会いができないかと考えた。
 そこで、仕組んだのが「取りたて野菜との出会い」である。
 幸い、子供たちの中で野菜を作っている家が数件ある。事前に持ってきてもらうように学級通信で依頼する。もちろん、該当する子供たちにも伝える。

 いざ当日。とりたてのキャベツ、パセリ、タマネギ等が教室に持ち込まれた。「もし、誰も持ち込まなかったら・・・」と考えて私の方でも念のために、八百屋さんから前日にいくつかの野菜を購入していたが、それは杞憂であった。
 タマネギは土がついたままである。パセリのにおいをかいでみると新鮮なにおいが広がる。
 さっそく子供たちに聞く。

  取りたて野菜を見て、思ったこと、気付いたことを発表しなさい。

 もちろん、子供たちには自由に触らせたり、匂いをかいだりさせた。中には「食べてみたい」という子もいたので、パセリをパクリ。「いい味!」と思わずひとり言が出てくる。
 さて、子供たちから出てきた気付きは次のようなものであった。

・キャベツがみずみずしい。
・パセリのにおいがとてもいい。
・トマトを押してみるとやわらかい。
・スーパーのよりおいしそう。
・新鮮なものは土のにおいが強い
・色がとてもこいし、光っている。
・はだざわりがいい。

 このように子供たちは、取りたて野菜との出会いに驚いていた。
 続いて子供たちに次のように言う。

  これからこれらの野菜を使って、「わたし、ぼく流の野菜の食べ方」を学習します。どんなことを学習したいですか。

 単元の導入であるから、学習の見とおしを持たせるために行った発問である。次のようなものが出てきた。

・このやさいの切り方はどうするのか。
・野菜にはどんな栄養があるのか。
・ゆで方や生で食べるにはどうするのか。
・包丁の使い方はどうするのか。
・野菜のどこを食べたらいいのか。

 数多く出てきたが、学習のねらいを加味して、次の6点に一言でまとめた。

 1 野菜の洗い方
 2 野菜の切り方
 3 ドレッシングでおいしく食べる方法
 4 野菜のゆで方
 5 野菜の炒め方
 6 野菜の中にある栄養について

 これらについて、最初は君たちが調べます。どうやって調べたらいいですか。

 「本で調べる」「家の人に聞く」「自分で試してみる」という3つの方法が出てきた。

 それらを画用紙にまとめて発表します。自分で6つのうちから一つ選んで調べましょう。ただし、野菜は自分で決めてください。

 学級通信で家庭にも調べ活動へのお願いをした。次の家庭科までの4日間、子供たちなりの調べ活動に入った。
 なお授業では発問に即したワークシートを使用した。


★ 調べたことをまとめる(3時間目)

  導入で野菜のことに興味を持った子供たち。自分の課題について家庭学習で調べてきた。(ワークシートへの書き込み)
 家の人に聞く子あり、実際に家でキャベツの炒め物をした子ありと、学習に対する意欲満々である。
 特徴的なのは、家の人からの調査の段階ですでに図で一緒に説明をしたり、矢印等で分かりやすくかいている子が多いという点である。それらはそのまま、画用紙にまとめることができる。
 それらの調べたことをどう広げるか。子供たちに次のように指示した。

  調べたことを画用紙にまとめます。他の人に伝えるものです。
  分かりやすくまとめなさい。見やすくするためには、どんな工夫をしたら いいですか。

・マジックを使ってみやすい文字に書く。
・図やイラストを入れる。
・箇条書きにする。
・見出しをつける。

といった視点が出てきた。「その他、自分でできる工夫はどんどんしていいです。」と言って、作業に入らせた。
 およそ35分間、子供たちは黙々と作業に取り組んだ。家で調べたり、実技をしてきた子たちは、すぐに書き始めてた。調べきれなかった子も数人いたので、その子たちには図書館から参考図書を紹介して、書かせた。
 また、作業の途中でよく工夫をしている子供たちのことを、「おっ、〇〇さんは見出しをはこで囲んで見やすいね。」「図に矢印をつけているからわかりやすね」というように全体に聞こえるように紹介をした。

 ちなみに、子供たちが取り組んだ一人一人テーマの一部を紹介する。

 ■ニンジンのゆで方  ■キャベツのいため方  ■きゅうりの生の食べ方  ■野菜のどこが食べられるか  ■たまねぎの料理する前 ■だいこんのいろいろな切り方 ■ほうちょうの使い方

 子供たちが書いたこれらの資料は次時の実技や観察のもとになるものである。

|

« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」1 | Main | HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」1 | Main | HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」3 »