« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」4 | Main | 10月と12月の登壇案内 »

2016.08.26

HP移行原稿「発見!家庭での仕事のコツ」

★発見!家庭での仕事のコツ

 5年生の教科書で最初の単元は、「わたしと家庭生活」である。
 その中で家庭での仕事を実践する時間がある。より意欲的に仕事に取り組み、多くのことに気付いたほしいと考え、「発見!家庭での仕事のコツ」として、小単元を設定した。(2時間+課外)

★1時間目・・・家庭で仕事をするよさについて考える

☆発問1 家で手伝いをしている人?(ほとんど挙手)どんなお手伝いをしていますか。

・アイロンがけ ・洗濯 ・お料理 ・食事の後片付け  ・風呂そうじ 等どんどん出てくる。珍しいお手伝いについては詳しく聞く。

☆発問2 みんなのお手伝いは3種類のグループに分かれます。衣食住です。(衣食住を簡単に説明) 「アイロンがけ」はどれですか。(全てについて聞く。)

☆指示1 それぞれのお手伝いで「こつ」があったら発表しましょう。

・買い物では賞味期限をみて長持ちするものを選ぶ。
・食器洗いでは最初に水につけておく。
・食器を重ねるときには大きいものを下にしく。
・ダンボールはスーパーでももらえる。
・アイロンは残りが少ない時には電源を切る・・・・・等

 一つ一つの「こつ」に子供たちは感心したり、「同じ」とつぶやいたり・・・。時には質問も出る。

☆発問3 お手伝いをするよさは何ですか。

・家の仕事が片付く。
・気持ちがよくなる。
・こつを覚えて賢くなる。
・家の人に感謝されてうれしい・・・等
 
☆指示 お手伝いはすばらしいですね。これから1週間、皆さんも取り組んでみましょう。ただし今度は「仕事」としてです。自分が今お手伝いしているもの以外のものを考えなさい。毎日するものです。そして、コツを発見しなさい。

 最初の友達の手伝いの板書も見ながら、子供たちは自分の仕事を決めていった。「洗濯ものたたみ」「お料理」「玄関そうじ」と自分のお手伝いとは違うジャンルを選ぶ子供たちが多かった。

★課外・・・家庭での仕事を1週間続ける

・子供たちは家庭学習ノートに毎日「家庭での仕事日記」を書く。その時に、発見したコツを可能な限り付け加えさせた。

★発見!家庭での仕事のコツ2

★2時間目・・・発見!家庭の仕事のコツ

☆指示1 1週間の家庭での仕事で見つけたコツを発表しなさい。

 数人の子に発表させる。

☆指示2 これから君たちの発見したコツをプリントにまとめます。図も書いて分かりやすくまとめなさい。

B5版の大きさのプリントにまとめる。個別にまわりながら、自分の思いもかくように伝える。
以下は子供たちの文例。

■ せんたくたたみのコツ
 ようふくのたたみ方のコツは、まず一番大切なのが正座です。正座をして背中を伸ばすと自然にきれいにたたみたいという気持ちになります。
 たたみ方は人それぞれでいいのですが、しわができないように服を伸ばしながらたたむのがコツです。
 わたしは、最後にありがとうと言われて気持ちがよかったです。これからもやれる時にはやりたいです。

■ 風呂そうじのコツ
 みなさん、風呂そうじのコツを知っていますか。
 そのコツは簡単です。スポンジを丸く円をかくようにすればいいのです。
 洗面器を使うときは、風呂の中に洗面器を入れて残り水を使えば節約になります。とても簡単です。
 これからは風呂そうじの時にまねをしてください。

■ 玄関そうじのコツ
 みなさん、玄関そうじのコツを知っていますか。
 まず一つ目のコツはすみからはきだすようにゴミをはらいます。
 もう一つのコツははくまえに、霧吹きで水を床にかけることです。
 ぼくは風でゴミがとばされないようにするのが大変でした。これからほかのそうじのコツを考えたいです。

 書くスピードに差があるので、早く終わった子供どうしで回し読みをする。
 最後にグループ内で発表させ、感想を述べ合う。数人の子を全体の前で発表させ終わりである。
 一人一人の「家庭での仕事のコツ」は教師が聞いていてもおもしろいものであった。何とかして全員分、発表させる場を設けるべきである。それも可能な限り、実演や実物を用いるのがよい。
 私は数日後の学級参観日に時間を設定した。22名が一人30秒程度で発表する。子供たちの奮闘ぶりに思わず家の人も拍手である。いい場面であった。
 なお、コツが発見できない子には家の人に積極的にコツを聞くことを教えた方がよい。それも家族とのつながりを深める大切なことと考える。

|

« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」4 | Main | 10月と12月の登壇案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« HP移行原稿「発見!わたし、ぼく流野菜クッキング」4 | Main | 10月と12月の登壇案内 »