« 雪学習ニュース | Main | 「想像力のスイッチを入れよう」 »

2016.10.04

自分の研究授業を思い出した

いつも7時半すぎに校舎の見回りをする。
もともとは日直がしているのだが、最終点検のためにザーッと回る。

ふと北校舎に目をやると、一つの教室の電気がついている。
黒板の前で担任が動いているようだ。
立ち止まって見てみると、若手の先生が明日の研究授業のために、一人でリハーサルをしているようだった。
周囲が真っ暗なので、逆にその先生の動きがはっきりと見える。
板書も発問も実際に行って、子どもたちがいるかのように教室で明日のことを考えているのだろう。
一生懸命さが遠くからでも伝わってきた。

思い出されば自分もそうだった。初任校、2校目と研究授業前は教室で発問・板書を繰り返した。
これはダメだなーという細案に朱書きし、終了後考えて再度行ったこともあった。
今は模擬授業や飛び込み授業を行う場合でも、そういうことはない。

若い教師は自分が忘れていたものを思い出させてくれる。
研究授業に臨む真摯さを思い出した数十秒だった。

|

« 雪学習ニュース | Main | 「想像力のスイッチを入れよう」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雪学習ニュース | Main | 「想像力のスイッチを入れよう」 »