« 講座講師が続いた | Main | 久しぶりの社研 »

2016.11.19

ポラン農業学校

今日は同僚の結婚披露宴。多くのよき友人たちが祝福するにぎやかでよき披露宴だった。
こういう場にいさせていただくことの幸せも感じる。

さて、新婦側で参加させていただいたのだが、その親族のお一人に「もしかして…」というお名前があった。
もう30年近く前となる。
支部組合青年部で自分が学習会の担当をしていた。その時に隣の支部から、生活指導の先生をお招きしたことがあった。学級崩壊に対してどのように取り組むかという内容だった。それだけではなく、楽しい理科授業のアイデアも紹介していただいた。その講師の先生のお名前だった。
単に講座を聞いただけなら忘れてしまうかもしれないが、自分が担当として企画運営したのだから、はっきりとお名前もその時の講座も覚えている。

ご挨拶して、当時の話をすると「そういえば招かれたことがあった」と思い出していただいた。それだけではなく、退職後のお話もお聞きした。
「ポラン農業小学校」というのを作り、子どもたちに本物の体験学習をさせてたのこと。小学校時代の新婦もそこに通っていたというお話。ネットで探すと十数年前の記事だが、こちらにあった。その先生のお名前も元校長として出ていた。
このようなロマンあふれる「学校」。子どもたちにとって忘れられないものとなるであろう。

|

« 講座講師が続いた | Main | 久しぶりの社研 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講座講師が続いた | Main | 久しぶりの社研 »