« 「社会科教育」誌連載ラスト | Main | 愛される学校づくりフォーラム »

2017.02.15

データのヒントから

授業のために教材開発の事前調べを行っていた。
もともとはこちらのデータ
愛知県で模擬授業をするので、地元の教材もおもしろいかも…と考えていてあれこれ探していたら、愛知県が花きの産出額が日本一ということを知った。どうしても工業が盛んというイメージがあっただけに、これは意外だった。
しかも、日本で生産量が多い菊が愛知県では多く育てられているということも知り、「電照菊」のことをあれこれ調べて興味深い教材ということもわかった。

結果的に複数候補の一つだったということもあり、この電照菊を模擬授業では扱わないこととなったが、このような教材開発過程の楽しさを味わうことができた。自分で調べ、学ぶことの楽しさである。

このような教材開発を月に1回すると年間10本以上になる。まだまだ自分も可能ではないかと思った。

|

« 「社会科教育」誌連載ラスト | Main | 愛される学校づくりフォーラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「社会科教育」誌連載ラスト | Main | 愛される学校づくりフォーラム »