« 地区の学習会 | Main | 「第2回 0から学べる社会科授業セミナー」 »

2017.03.11

今年の3・11

今年の3・11。
例年のように数日前からテレビ番組やニュースでは特集が組まれた。
また、当日は土曜日ということもあり、朝から関連番組を見て、あの日を思い出した。
自分自身も岩手で当日だけではなく、何度も襲う余震、停電やガソリン不足、転勤先での体育館破損(その後半年以上使用不可能だった)等の不便は感じたが、これは沿岸の被災地の比ではなかった。改めて哀悼の意を表したいと思う。

さて、番組を通して感じたのは6年間の子供たちの成長ぶりだ。当時の小学生が高校生になり、あれこれ考える年代になった。それはそうだ。今年卒業する子たちは、余震が続く中、ふだんより遅い入学式を迎えた子たちだった。自分にとってはついこの間と感じるようなことでも、子供たちの姿を見ると6年間の年月を感じる。

震災後数年間は岩手では毎日震災関連のニュースが流れていた。いつのまにか「毎日」の報道はなくなった。今は「月に数回」復興関連の報道になっている。これからも変わらないであろう。それだからこそ、この3・11を忘れてはいけないと改めて思う。

|

« 地区の学習会 | Main | 「第2回 0から学べる社会科授業セミナー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地区の学習会 | Main | 「第2回 0から学べる社会科授業セミナー」 »