« 第3回あすの社会科を考える会in仙台 | Main | 一流の言葉 »

2017.04.30

4月が終了

4月の振り返り。今月は半分ほどのブログ更新。

・かつて勤務した学校に赴任して2年目。さまざまな面で余裕ができるのでは…と思っていたが、それほどでもない。むしろ、「昨年度は気がついていなかったのかもしれない」という点が見えてきて、帰宅時間は昨年度と同様のような感じである。特に今年度は学校公開研究会を11月に控えているので、そのための準備も加わっている。先生方も目標をもって取り組んでいるのは、本校にとっていいことである。

・今年度も新しい先生方が多く入ってきた。職場は岩手の特徴である「ベテランが多い」という点は同様である。ただ、初任者が毎年入ってくる学校であり(これは岩手では限られている)、その点で若手も多い。安定さとフレッシュさが同居しており、よき環境だとつくづく思う。

・子どもたちのすばらしさが随所に見られる。4月はあいさつキャンペーンもあり、明るい挨拶が随所に響いた。子どもたちと関わりをもちたいので、何か仕事があったら喜んで引き受けている。(それでも補欠授業にはまだ入っていない・・・)。仕事がなくても校内をあちこち回るだけで担任時代に取り組んだあれこれを思い出す。

・PTAや地域の皆さんとも2年目となり、より連携を深めていくことの大切さを感じている。学校課題で取り組むべきことへの道筋も見えている。このまま走り続けることができればと思っている。

・原稿については、雑誌原稿の他に本の原稿も再開しはじめた。限られた時間ではあるが、自分のためにもなる原稿なのでGWもがんばっていきたいと思う。研究面はこれから。学会情報があれこれ入ってきている。今の自分に何ができるのか、考えていきたい。

|

« 第3回あすの社会科を考える会in仙台 | Main | 一流の言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第3回あすの社会科を考える会in仙台 | Main | 一流の言葉 »