« 学級びらきで「いい出会い」をしたいが? | Main | 係の作り方と続け方は? »

2017.10.16

まさに「元気な」地区運動会(H22)

平成22年の原稿です。

----

県内各地で、住民参加の地区毎の運動会が、この秋に行われたと思う。しかし、地区によっては、参加者集めに苦労しているという話をよく聞く。中には、運動会自体を廃止したという地区もある。

本校学区でも9月に地区住民参加の運動会が行われた。先のような心配は全く不要だった。中心となる三十代から五十代はもちろん、お年寄りの皆さんも張り切って参加した。それだけではない。中学生から二十代の若者も多数参加した。これは珍しいことである。まさに「地区民が積極的に参加する元気な運動会」であった。

これだけの参加者であれば運動会も盛り上がる。「ビン釣り競争」「風船割りリレー」といった種目では、うまく行った選手だけではなく、最下位の選手にも大きな拍手が送られていた。

また、本地区独自の種目である「縄ない」(わらを制限時間内で長く綯うもの)では、七十代のお年寄りの見事な腕前に感嘆の声があがった。優勝チームの人に聞いたら、「小さい頃から縄を綯っているからね」とのこと。七十年ものベテランだから、二十年や三十年のキャリアではとてもかなわないわけだ。

年代別に参加するマンモスリレーでは高校生や二十代の若者の疾走ぶりに拍手が起きた。まさに迫力のあるレース。実に見応えがあった。

競技には参加しないが、観ることを楽しみにしている方々も多かった。張り切って声をかけたり、大きな拍手をしたり、大笑いをしたりしていた。にぎやかな観客がいれば運動会も盛り上がる。

十年前も、二十年前も、三十年前もきっと同じような風景だったのであろう。地域のよさがそのまま受け継がれていると感心した地区の運動会であった。

|

« 学級びらきで「いい出会い」をしたいが? | Main | 係の作り方と続け方は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学級びらきで「いい出会い」をしたいが? | Main | 係の作り方と続け方は? »