« July 2018 | Main | September 2018 »

August 2018

2018.08.30

北海道社会科教育研究大会札幌大会兼第46回札幌地区社会科教育研究大会に登壇

10月12日(金)に札幌市の屯田小学校でお話をいたします。
くわしいポスターはこちらです。
ホームページはこちらです。

以下,ホームページの案内文です。

-----

 札幌市社会科教育連盟は、北海道社会科教育連盟の支部として、札幌市内の小中学校で社会科教育を志す教員を中心に構成されている研究団体です。小学校から中学校までの各学年部会を設け、研究大会にむけての授業づくりを行っています。また、会員外の先生も対象にして、「社会見学研修」や「基礎セミナー」を開催し、会員外の方にも広く情報提供し、社会科好きの教員・子供を増やすべく活動をしています。

第73回北海道社会科教育研究大会札幌大会 兼 第46回札幌地区社会科教育研究大会の日程が決まりました。

開催日:平成30年10月12日
会場 :札幌市立屯田小学校

| | Comments (0)

2018.08.29

教え子からの講演依頼(10/20 江刺)

初任校と2校目の教え子たちがイベントを企画し,講演をすることとなりました。
中堅にもなっていない時の教え子たちです。
今は30代半ばになり地元で活躍する教え子たち。教師冥利に尽きる講師依頼です。
久しぶりに会う教え子もいると思うと,今からわくわくしています。

-----

~親学~子どものために親ができること

主催者: シェイクスーnpo法人/岩手県奥州市

日時 2018年10月20日(土) at 16:00 – 18:00

会場 江刺生涯学習センター
    〒023-1111 岩手県 奥州市江刺区大通り

1部講演
講師 東北学院大学文学部教育学科 教授 佐藤正寿氏
2部クロストーク
コーディネーター 高野真一郎氏
ゲスト 及川亜紀氏 高橋和宏

【対 象】子育て中の方 先着80名
【参加費】1口500円の活動協力金をお願いします
【申込み】こちらへ 
【問合せ】NPO法人シェイクス 事務局 司東 

※私のフェイスブックにチラシが掲載されています。

| | Comments (0)

2018.08.28

一日一日があっという間に・・・

ブログの更新は不定期なのだが,間が一週間以上あくのはあきすぎと考えている。
しかし,気づけば2週間,更新していなかった。毎日があっという間に過ぎるのは,前職でも同じだったが,今はそれ以上。もう少し時間の使い方を工夫していかなければいけない…。今回はあいた日々について少し振り返りたい。

11日(土)…旧知の先生をご案内。平泉・水沢で楽しんでもらえた。日差しが強い一日だった。
12日(日)…学内休業に入っているのだが,事務仕事が終わらず,続ける。
13日~15日…お盆の間も事務仕事と研究を続ける。評価は8割終了。全国社研の原稿を仕上げる。
16日(木)…盛岡のサークルの講師役。少人数だが,いい話し合いができた。
17日(金)…学内休業も終わり,キャンパスへ。小学校2校で打ち合わせ。仙台空港から大阪へ。宿泊。
18日(土)…関西学院大学初等部のUDカレッジで講師役。自分が社会科でできることは何か改めて感じる。その日のうちに飛行機で仙台。そこから車で自宅。
19日(日)…所用。家のことあれこれ。次の講師役の仕事。
20日(月)…飛び込み授業の指導案作成,評価確定。
21日(火)…研究。重要な打ち合わせ。金足農業準優勝。34年前のPL戦を思い出した。
22日(水)…小学校2校で打ち合わせ。暑い一日。
23日(木)…北の研修会に向けて仙台空港から札幌へ。有意義な研修会。懇親会でサプライズ。
24日(金)…飛び込み授業。反省点は多々あるがよき学び。飛行機で夜遅く自宅へ。
25日(土)…午前中は打ち合わせ。午後になって常盤小OB会。懐かしい皆さんと懇親。
26日(日)…イベント打ち合わせ。研究を進める。
27日(月)…3キャンパスを回る。個人ゼミ。有難い教え。
28日(火)…事務仕事。前任校に研究お願い。

大学の仕事も研究も,自分は時間をかけて毎日取り組むのが必須だと思っている。その面では8月も毎日が勝負である。

| | Comments (0)

2018.08.27

教え子と会う

教え子と仕事の打ち合わせをした。
長いこと教員をしていれば,このようなこともあるんだなあ・・・と嬉しくなった。
同級生を中心に社会教育関係のNPO法人を立ち上げ,そのイベント関係の依頼である。

教え子たちはすでに30台半ばを越えた。自分が1校目で低学年を担任した子たちと,2校目で高学年を担任した子たちだ。同じ中学校で同学年となって,その中の有志がNPO法人を立ち上げている。

今思えば低学年の子たちも,高学年の子たちもエネルギーがあった。自分は教員生活5・6年目と9・10年目。今考えればまだまだ実力不足だったのだが,年々伸びている気がして教員としては自信をつけ始めていた頃だった。また,雑誌原稿も書き始め,その面でも模索していた頃でもあった。

当時の話も含め,あれこれ情報交換して,教え子たちがいかにがんばっているかがわかった。
このように二十数年前の仕事の日々を思い出させてくれるような教え子との再会。いいものである。

イベントについては,のちほど告知したい。

| | Comments (0)

2018.08.26

フリーマガジン「wutan」に掲載

フリーマガジン「wutan」vol.40(2018年 2学期号)の巻頭特集に掲載されました。

次のような内容です。

社会科の授業づくりに学ぶ!
「見方・考え方」をどう育むか-新学習指導要領が求める授業改善にむけて-」

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会 理事
東北学院大学 文学部 教育学科 教授 佐藤 正寿

こちらに情報があります。
無料で購読可能です。

| | Comments (0)

2018.08.10

あっという間に・・・

7月末で15回の講義も終了し,少し余裕のあう夏になるのかな…と思っていたら,毎日が一気に過ぎていく。記録がわりにメモ。

7月28日(土)…オープンキャンパス。模擬授業を行う。高校生・保護者とも熱心に聴いてくれた。面談も対応。
29日(日)…貴重な研究日。研究を進める。
30日(月)…一日学校体験の準備をはじめとする事務仕事,評価,夜は一関社研懇親会
31日(火)…社会人大学院生としてのオープンキャンパス。高校生相手のレクチャー。
8月1日(水)…胆江地区社研の講師役。かつての同僚とあれこれ話し,数ヶ月ぶりに小学校教員に戻った気分。夜は懇親会。
2日(木)…午前中は土樋キャンパスで打ち合わせ。次の動きに向けて。午後になって東北大学で工学関係のセミナーに参加。貴重な機会だった。
3日(金)…事務仕事。大学院生としての研究室夏合宿の準備のラストスパート。夕方からもっていく荷物の確認のための作業を研究室で。
4日(土)…大学院生としての研究室夏合宿1日目。白石市。知見を広げる。夜遅くまで懇親を深める。
5日(日)…夏合宿2日目。改めて覚悟をもって研究を進めることを自覚。この日も夜遅くまで。
6日(月)…合宿は続いているが朝に失礼をする。大学で教授会。もろもろの打ち合わせ。
7日(火)…早い新幹線で東京,乗り換えて浜松。私大連主催の新任教員対象のFD研修会。30代の若い全国各地の研究者と懇談。分野が異なると話も面白い。
8日(水)…FD研修会2日目。各自が準備した模擬授業。教育系ではない模擬授業なので面白かった。これは自分の得意分野なので,「衝撃的だった」と有難い評価をいただく。台風が近づいていたが無事夜に自宅へ。
9日(木)…土樋キャンパスで事務手続き。移動して東北大学の研究室に夏合宿の荷物返し。そして泉キャンパスで実務と手続き。大学にいる時間が限られるので事務方の皆さんとあれこれ打ち合わせ。

気づけば8月も中旬に差し掛かる。お盆をはさむこの期間は研究と残っている評価を落ち着いて進める貴重な期間。がんばろう。

| | Comments (0)

2018.08.07

「わたしの学級通信」電子書籍

「わたしの学級通信」という電子書籍が発行となりました。
京都の糸井先生がプロデュースしたもので,私の学級通信が30本入っています。
もともとはホームページやブログに掲載していたものですが,お声がけをきっかけに改めて編集しました。
こちらです

どのような形であれ,自分の記録が残るのは嬉しいものです。

| | Comments (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »