2018.02.12

予約が始まっています

2年ぶりに単著が発行となります。

「教師のための実務文例集」(明治図書)です。明治図書サイトではこちら。アマゾンではこちら。共に予約段階です。
以下,まえがきです。

---

 「はんこだけではなく,一言書くだけで保護者は担任を信頼するようになるものだよ」。初任時代に同じ学年の先輩から言われた言葉です。連絡帳に書かれた家庭からの簡単な連絡には,はんこを押すだけで返却することが多かったのです。また,「先月の工場見学の御礼文書がまだのようだけど……」と管理職から指摘されたこともありました。子どもたちに工場見学の御礼の手紙を書かせたものの,私自身が書く御礼状の書き方の例を探しているうちに,発送が遅れていたのです。

 共にもう30年以上前のことですが,私にとっては少し苦い思い出です。考えてみたら,「連絡帳の返信の仕方」「御礼状の書き方」は改めて時間を割いて指導されたことはありませんでした。自分で学んでいくしかありません。諸先輩に聞きながらその方法を覚えたり,書籍や雑誌等からサンプルを見て学んだりしてきました。経験を重ねるうちに,書き方のポイントもわかってきました。

 本書は,これまでの自分の経験が,「どうやって書いたらいいんだろう」と迷う先生方の役に立てばいいと思い執筆しました。
 第1章では,教師にとって書く仕事がいかに重要であるか,また,実際に文章を書く際のポイントを記しました。
 第2章から第5章は実践編です。「保護者向けの連絡帳・手紙の書き方」,「学級通信や連絡文の書き方」,「実務文書の書き方」,「社会人としての文章マナー」について,それぞれ具体例をあげながら示しました。
 また,自分の文章に関わる経験をコラムとして各章の最後に記しました。
 どこから読んでもすぐに役立つ構成になっています。

 この本が学校での実務や学級経営に役立つのなら,著者として望外の喜びです。自宅の本棚よりは,教室や職員室に置いて,活用してくだされば幸いです。

 本書の発刊に際しては,明治図書教育書編集部の林知里さんに大変お世話になりました。執筆の取り組みが遅れたにもかかわらず,何度も温かい励ましをいただき,刊行することができました。心より感謝申し上げます。

-----

明治図書サイトでは実際の本の中身も10ページほど立ち読みすることができます。

| | Comments (0)

2018.02.08

授業づくりネットワーク仙台集会


「授業づくりネットワーク仙台集会~新年度の準備はいかが? 徹底的に考える授業・クラススタート」が開催されます。私自身は都合があり,不参加なのですが,自分に縁のある団体・メンバーが登壇いたします。
お勧めです。
申込はこちらです。
以下詳細です。

-----

日時:2018年3月24日(土)10:00~16:30

講師:NPO授業づくりネットワーク理事(佐々木潤、佐内信之、阿部隆幸、石川晋)

場所:仙台市・日立システムズホールエッグホール(地下鉄旭ヶ丘駅隣接)

会費:3000円(今年度発行の4号の授業づくりネットワークを持参いただいた方は、2500円。学生、Teach For Japan関係者は1000円)

【講座開催にあたって】
 授業づくりネットワークは、今年の4月で創刊30周年を迎える教育研究団体です。1990年代から、ワークショップ型授業やディベート、特別支援教育など、様々なテーマに先進的に取り組んできました。大きな授業改革のうねりの中で、私たちのこれまでの提案に注目が集まっています。
 今年度はこうした情勢を踏まえて、年間5回の研究会を企画しました。東京、京都、岡山、北九州と続いて、今回が最終回。仙台で実施します。
 理論と実践の行き来を大切にしてきた私たちらしく、丁寧にみなさんのニーズに応える集会づくりをします。どうぞいらしてください。今回は、授業づくりクラスづくりの基本を、佐々木潤さんの教室に焦点を当てつつ考える集会です。

10:00~ チェックイン
10:10~11:00
理事による15分間提案~新年度に向けて考えること
 佐々木潤さん・・・教室のルールづくり最初の手立てとは
 阿部隆幸さん・・・結局、何を優先するのか
 佐内信之さん・・・歩調を合わせていく楽しみと難しさ
 石川晋さん・・・・最初の授業ですること

11:10~12:00
さらに聴きたいこのポイント  15分×4ラウンド

13:15~13:55
読書会・・・佐々木実践の変遷を掘る
 佐々木潤さんの主要論文を、著書から1本及び授業づくりネットワークから1本用意し、みんなで読みます。
 趣旨説明~13:20
 2本を読み込む~13:55
 論文について読書会・・・グループで読書会をする。

14:05~15:30
 佐々木潤さんの学級と授業を支える授業技術

15:40~16:30
 佐々木潤さんの実践の秘密を、授業づくりネットワーク事務局の3名(阿部、佐内、石川)が根ほり葉ほり聞き出し、その後、参加者のみなさんからの質問も受けながら、交流します。

参加費は3000円です。学生及びNPO Teach For Japan関係者は1000円。また、今年度の授業づくりネットワークを購読もしくは購入されている方は今年度発行の一冊(ゲーミフィケーション、インクルーシブ、オルタナティブ、道徳)をご持参いただければ、2500円です。

| | Comments (0)

2018.01.18

東北青年塾ファイナル

自分が立ち上げに関わった東北青年塾が,一区切りをつけます。
「東北青年塾ファイナル」の案内です。申込みはこちらから。私も参加予定です。

------

2007年9月の第1回から10年。セミナーを重ねること58回。今回の59回目のセミナーで東北の仲間と教育について学び続けてきた東北青年塾の幕が閉じます。

ザ・ファイナルと銘打ち、行う今回の会。だからと言って特別にビッグゲストを呼ぶわけではありません。最後まで東北青年塾らしく、若手、中堅、ベテランが互いに学び合うプログラムになっています。最後のセミナーに向け、東北青年塾のメンバーが練りに練ったプログラムです。

東北青年塾に参加したことのある方も、初めて参加なさる方も、私たちと一緒に、もしくは自分自身で、授業の技術、教師の在り方を考えてみませんか。

日時 2月10日(土)
会場 日立システムズホール
参加費 無料

プログラム
10:00 開会 趣意説明5分 佐々木
10:05 講座1 高橋恵大「セブンルール」 15分講座+20分検討
10:40 講座2 和賀健「みんなで考えよう道徳の授業」  15分講座+20分検討
11:15 休憩
11:20 新企画 鈴木優太(60分)
12:20 昼食休憩
13:20 ワールドカフェ1「今,考える授業成立の〇〇〇」(75分)
    説明10分
    対話15分×3ラウンド
    共有20分
14:35 休憩
14:40 幻の第1回を見る(20分)
15:00 ワールドカフェ2「これからの自分の軸は何だろう」(55分)
    説明10分
    対話15分×3ラウンド
15:55 休憩
16:00 サークル対話「今の自分について」一人一言
17:00 前代表より一言 阿部隆幸
17:10 現代表より一言 武田直樹
17:20 閉会

| | Comments (0)

2018.01.12

『社会科教育』誌2月号に掲載

『社会科教育』誌2月号(アマゾンはこちら)はUDの特集。

その中に「視点3「見方・考え方」と社会科授業のUD化」というテーマで書かせていただいた。

自分の他のライターさんたちは,日頃授業UD学会でお世話になっている村田先生をはじめとする関学の先生方。嬉しい特集である。

| | Comments (0)

2018.01.02

社会科授業を模擬授業で学ぶ

今年最初の講師役,1月6日(土)に登壇するセミナーの情報です。(大阪市)
こちらのサイトです。
別途募集をしており,70名近くの参加者になっています。
以下本文です。

----

社会科をはじめて教え始めたころ、丸岡自身苦痛の毎時間でした。
「教えるべきことが多い。でもずっと説明していたら子どもたちの表情はどんどんと暗くなっていく」
「子どもたち主体に教えようとすると、子どもたちは喜んで学習するが、テストになるとさっぱり定着していない。」

ずっと、どうしたらいいのかわかりませんでした。私が社会科の授業から逃げるのと同時に、子どもたちも「次、社会?最悪~。」と声をもらしていました。

しかし、学ぶことを繰り返すことで、授業が変わってきました。子どもたちが、社会科が大好きになり、知識の定着も図ることができるようになってきました。


学べば、授業が変わります。
そして、今も「よりよい社会科授業とは何だろうか?」と模索の毎日です。
新年初めの学びは社会科を学びましょう!!

模擬授業を通して、具体的に学びます。
模擬授業に、社会科指導のプロ、佐藤正寿先生にコメントしていただき、より学びを深めていきます。
1日社会科実践を深められること間違いなしのセミナーです。

ぜひ、ご参加ください!!

■■■■

日 時:平成30年1月6日(土) 9時30分~ 受付  9時45分 講座開始
会 場:たかつガーデン 大阪市天王寺区東高津町7番11号
講 師:佐藤正寿 氏(岩手県奥州市立水沢小学校副校長)
参加費:3000円
申 込:http://kokucheese.com/event/index/459781/

9時30分 受付

9時45分 開会

1、 佐藤正寿先生オープニング講座  
 9時50分~10時20分
 「社会科授業に欠かせない必須の3か条」

2、社会科をどう授業する!?パート1~3・4年生編~ 
 10時30分~12時00分

模擬授業 25分×2人 50分 授業者:3年生 中畑 翼 (千葉)4年生 有馬章公(兵庫)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

3、社会科をどう授業する!?パート2~5年生編~ 
 13時00分~14時30分

模擬授業 25分×2人 50分  授業者:中村祐哉(広島:東広島市立八本松小学校) 丸岡慎弥(大阪)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

4、社会科をどう授業する!?パート3~6年生編~ 
 14時45分~16時15分

模擬授業 25分×2人 50分  授業者: 田村由宏(兵庫)西村祐太(京都)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

5、これからの現場教師に期待する社会科授業とは 
 16時20分~16時45分

| | Comments (0)

2017.12.11

『授業力&学級経営力』1月号

授業力&学級経営力』1月号に拙稿が掲載された。アマゾンはこちら

「授業名人だけが知っている超一流の指導技術」で8名の先生方が載っており,自分もその中の一人。今回は顔写真まで表紙に掲載されている。「シンプルな技術で子どもたちに力をつける」というテーマで書かせていただいた。

| | Comments (0)

2017.12.04

社会科授業を模擬授業で学ぶ

1月6日(土)に登壇するセミナーの情報です。(大阪市)
こちらのサイトです。
別途募集をしており,40名近くの参加者になっています。
以下本文です。

----

社会科をはじめて教え始めたころ、丸岡自身苦痛の毎時間でした。
「教えるべきことが多い。でもずっと説明していたら子どもたちの表情はどんどんと暗くなっていく」
「子どもたち主体に教えようとすると、子どもたちは喜んで学習するが、テストになるとさっぱり定着していない。」

ずっと、どうしたらいいのかわかりませんでした。私が社会科の授業から逃げるのと同時に、子どもたちも「次、社会?最悪~。」と声をもらしていました。

しかし、学ぶことを繰り返すことで、授業が変わってきました。子どもたちが、社会科が大好きになり、知識の定着も図ることができるようになってきました。


学べば、授業が変わります。
そして、今も「よりよい社会科授業とは何だろうか?」と模索の毎日です。
新年初めの学びは社会科を学びましょう!!

模擬授業を通して、具体的に学びます。
模擬授業に、社会科指導のプロ、佐藤正寿先生にコメントしていただき、より学びを深めていきます。
1日社会科実践を深められること間違いなしのセミナーです。

ぜひ、ご参加ください!!

■■■■

日 時:平成30年1月6日(土) 9時30分~ 受付  9時45分 講座開始
会 場:たかつガーデン 大阪市天王寺区東高津町7番11号
講 師:佐藤正寿 氏(岩手県奥州市立水沢小学校副校長)
参加費:3000円
申 込:http://kokucheese.com/event/index/459781/

9時30分 受付

9時45分 開会

1、 佐藤正寿先生オープニング講座  
 9時50分~10時20分
 「社会科授業に欠かせない必須の3か条」

2、社会科をどう授業する!?パート1~3・4年生編~ 
 10時30分~12時00分

模擬授業 25分×2人 50分 授業者:3年生 中畑 翼 (千葉)4年生 有馬章公(兵庫)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

3、社会科をどう授業する!?パート2~5年生編~ 
 13時00分~14時30分

模擬授業 25分×2人 50分  授業者:中村祐哉(広島:東広島市立八本松小学校) 丸岡慎弥(大阪)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

4、社会科をどう授業する!?パート3~6年生編~ 
 14時45分~16時15分

模擬授業 25分×2人 50分  授業者: 田村由宏(兵庫)西村祐太(京都)
フロアでの検討 20分
佐藤先生の解説 20分

5、これからの現場教師に期待する社会科授業とは 
 16時20分~16時45分

| | Comments (0)

2017.10.28

第4回あすの社会科を考える会in仙台

改めてのご案内です。
3週間後となりました。

第4回あすの社会科を考える会in仙台が11月18日(土)に開催されます。
くわしくはこちらです。申込みも同じです。
以下紹介文です。

-----

今回は「学習問題・発問で授業がここまで変わる!」をテーマにします。学習問題・発問は授業の根幹を成すもの。とても重要なものです。これによって,子どもが深く考えたり,追究したりもするし,また,逆のこともあります。この大事な学習問題・発問について,みんなで学んでいきましょう。いつもの二人の講座,それから中堅の先生の模擬授業もあります。今回も充実した会になることでしょう。初任層の方,歓迎します!社会科が苦手な人,大歓迎です!!今さら聞けないような話も,全然問題なくOKです!


日時 平成29年11月18日(土)
    13:00~17:00
会場 仙台市戦災復興記念館第一会議室
定員 30名
テーマ「学習問題・発問で授業がここまで変わる!」
プログラム
13:00 開会 セミナーの趣旨説明
13:05 講座1(ミニ講座15分×2)
      三浦大栄(岩手県)「地図帳活用と発問づくり」
      赤瀬光雄(岩手県)「『?』から生まれる学習問題づくり」
      
13:35 休憩
13:40 講座2(佐々木潤)
      「この発問の型で深く考える!」
       ※模擬授業も入れながら,お話します。
14:20 休憩
14:25 講座3(佐藤正寿)
      「キー発問を生かした授業づくり」
15:05 休憩
15:15 あすの社会科授業を作るワークショップ
      ・グループを作って,学習問題・発問を中心にした授業プランを作ります。
      ※担当学年の社会科教科書をご持参ください。
16:30 社会科授業,学習問題に関するQ&A
16:50 閉会行事

※ 懇親会も企画しております。仙台駅周辺を予定しています。

| | Comments (0)

2017.10.13

教師力アップセミナー(11/12)に登壇

2年ぶりに教師力アップセミナー(愛知県)に登壇いたします。
11月12日です。
社会科がテーマで新しい模擬授業を構想中です。
以下案内文です。

---

2年ぶりのご登壇です。

有田和正先生から多くを学び、自身のスタイルに昇華させた佐藤正寿先生は、社会科授業の「達人」です。
著書は、『ゼロから学べる小学校社会科授業づくり』『スペシャリスト直伝! 社会科授業成功の極意』など多数。
前回の講演では「わくわく社会科授業」という演題で、全員がわかる、できる授業のつくり方を模擬授業「東京オリンピック」を通して伝授していただきました。

今回も模擬授業を通して、社会科の授業づくりの技を伝授していただきます。佐藤先生のぐっと引きつけられる語りと思考を深める教材のしかけに引き込まれること間違いなしです。

----

Webはこちらです。申込はこちらからです。

| | Comments (0)

2017.10.03

第4回あすの社会科を考える会in仙台

改めてのご案内です。
第4回あすの社会科を考える会in仙台が11月18日(土)に開催されます。
くわしくはこちらです。申込みも同じです。
以下紹介文です。

-----

今回は「学習問題・発問で授業がここまで変わる!」をテーマにします。学習問題・発問は授業の根幹を成すもの。とても重要なものです。これによって,子どもが深く考えたり,追究したりもするし,また,逆のこともあります。この大事な学習問題・発問について,みんなで学んでいきましょう。いつもの二人の講座,それから中堅の先生の模擬授業もあります。今回も充実した会になることでしょう。初任層の方,歓迎します!社会科が苦手な人,大歓迎です!!今さら聞けないような話も,全然問題なくOKです!


日時 平成29年11月18日(土)
    13:00~17:00
会場 仙台市戦災復興記念館第一会議室
定員 30名
テーマ「学習問題・発問で授業がここまで変わる!」
プログラム
13:00 開会 セミナーの趣旨説明
13:05 講座1(ミニ講座15分×2)
      三浦大栄(岩手県)「地図帳活用と発問づくり」
      赤瀬光雄(岩手県)「『?』から生まれる学習問題づくり」
      
13:35 休憩
13:40 講座2(佐々木潤)
      「この発問の型で深く考える!」
       ※模擬授業も入れながら,お話します。
14:20 休憩
14:25 講座3(佐藤正寿)
      「キー発問を生かした授業づくり」
15:05 休憩
15:15 あすの社会科授業を作るワークショップ
      ・グループを作って,学習問題・発問を中心にした授業プランを作ります。
      ※担当学年の社会科教科書をご持参ください。
16:30 社会科授業,学習問題に関するQ&A
16:50 閉会行事

※ 懇親会も企画しております。仙台駅周辺を予定しています。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧