2016.02.08

縁の大切さ

2/6に行われた東北青年塾。
立ち上げに関わったのは2007年であった。1回目の学習会は9月であった。仙台のジャズフェスティバルの日と重なり、学習会を終えて外に出た時に、華やかな音が耳に入ってきたことを覚えている。

その時の参加メンバーの中の10人近くが、2/6には参加されていた。9年近くも学習会に参加されていることになる。「第49回」という数字の重さを感じる。
それぞれの近況をお聞きして、あれから変わったんだんあーと思いながらも、「これまでの縁は変わらないんだ」ということも実感した。これが「ホーム」と感じた部分である。

さらに新しい縁もできた。テーマがICTで若い先生方も多かった。終了後にフェイスブックでの縁ができた若い方や学生さんもいた。有難いことだ。一番驚いたのはかつての同僚のお子さんが、参加されていたことだった。親御さんに勧められたとのこと。その同僚とは「小学校卒業ですね」と話していた記憶があったので、年数の経過を実感した。

縁の有難さに触れたが、その縁で新たな企画の構想も話し合った。実現させるかどうかは自分次第。県内以外の東北では話す機会が少ないが、東北のために力を尽くしていきたいと思ったところである。

| | Comments (0)

2016.02.06

つぶやきより

・岩下修先生にお会いした時に、「授業力&学級経営力」の連載に岩下先生の指導案を紹介させていただいたことをお話をした。2月号だったので、ちょうどもよかった。先月は1月号に掲載した野口先生に直接お話ができた。これを意図して書いたわけではなかったが、タイミングのよさに有難いと感じる。ちなみにその2月号の特集はUD。1月末のUD学会発足前にこれまた注目の雑誌になるであろう。

・二女の成人式。親としての役目を果たす。今年の成人式の子たちは、東日本大震災の時に中学校の卒業式を迎えようとしていた子たち。娘の中学校は内陸だったので一週間遅れの卒業式ができたが、被災地は大変な渦中そのものだった。今日の成人式のニュースでもその時の様子が報道されていた。今も2011年3月の1ケ月のことを思い出すと、胸がしめつけられる思いである。
いいね!

・通信制大学院のレポート。今回は障害児教育についてなので、校務にも直結。参考文献だけではなく、ネットで情報を検索すると数年前に本県の教委や教育センターで貴重な資料を出していることを知った。それをもとに同僚と情報交換。レポートはアウトプットだが、それに至るまでのインプットが仕事に役立っている。

・特別支援教育については数年前から、けっこう学んできたつもりだったが、大学院レポートのための指定図書を読んで、「基礎・基本から学ばなければ…」と痛感した。「基礎・基本」と書名に入っているが、読み応えのある書籍。レポートは書いたが、実際の現場でも役立つので、これから繰り返し読もう。

・尊敬する先生に読書評をいただきました。「教員の方々には,その年齢,経験に係らず,読んで欲しい」という有難いコメントです。ありがとうございます。

・第1回日本授業UD学会の日。何事も1回目は重要なのだが、公務の出張のため今日は不参加。同じ岩手の先生方が授業プレゼンテーションでがんばっているのに申し訳なかった。明日は筑波大学附属小の児童対象の社会科授業。重い実物を持参します。授業を楽しみます。

・筑波大学附属小での日本授業UD学会・飛び込み授業を終了。鍛えられた子どもたちとの授業は実に心地よいものだった。一生懸命に発言する3年生の子どもたちが可愛らしかった。研究会は「社会科授業のUDの広がり」を予感させるもので、これも楽しんだ。FBでつながっている先生方も何人か御参観。ありがとうございました。

| | Comments (0)

2016.02.05

ズックを忘れて…

先週の土曜日、日本授業UD学会に参加するために、新幹線で東京に向かっていた。
社会科の「昔の道具」を授業するので、岩手から「羽釜」「古い炊飯器」「炭火アイロン」「洗濯板」といったものを持参している。相当な重さだったが、借用期間が限られるため、事前送付ができなかった。(ちなみに事後送付もできないので、往復新幹線で運んだ。)さらに、マグネット式のスクリーンもある。
「とにかく、早くホテルにチェックインしたい」という思いであった。

ところが宇都宮を過ぎてから重要な忘れ物に気づいた。ズックである。基本的に参加者はスリッパを準備していただいている。
しかし、自分は授業者。スリッパでは子どもたちに失礼だし、何よりもユニバーサルデザインの学会でスリッパの音がパタパタ鳴るのなら、音の余計な刺激物になってしまう。
だから、毎回飛び込み授業ではズックを持参していた。しかし、今回に限って授業の持ち物がかなり多く、失念してしまったのだ。

もう夜の9時を過ぎていた。「こういう時間に駅のそばでズックが買えるのか??」と半ば疑問に思いながら、検索。幸いなことに大宮駅そばでお店があった。電話で確認。大丈夫そうだ。重い荷物を抱えながらにはなるが、背に腹は代えられない。
駅そばといっても新幹線を降りてからは長く感じた。徒歩5分足らずだったが、本当に長かった。幸い手頃なズックも手に入れられて、ホテルにも30分遅れで到着。事なきをえた。

忘れ物をしても、夜に購入できる…やはり都会は違うな…と感心した。このような失敗は今後のためには大切だ。あれだけ重いものをもって、苦労して購入したから、2度とズックを忘れることはないであろう。
失敗も今後に結び付ければ本当に失敗ではないのである。

| | Comments (0)

2016.02.02

1月終了

恒例の振り返り。

〇岩手の冬休みは長い。本校は1月18日まで。通常勤務で毎日出勤はするが(当たり前)、学期中よりは時間的な余裕が家ではできる。それを利用して実に多くのことができた1月であった。

〇まずは大学院レポート。年間の予定より遅れ気味で、12単位分6本のレポートを1月上旬で書くこととなった。レポートを書くためには文献を読むことが前提で、それが学びとなる。一定の時間が必要だ。年末年始がその確保の場となって助かった。レポート自体は苦戦。文献を読んでもなかなか理解できない…やはり名著を読むにはエネルギーが必要だし、力も蓄えなくては…と痛感。2月には試験がある。かなり勉強しないと…。

〇登壇は教師力アップセミナー、反復徹底研、そして日本授業UD学会での飛び込み授業。どれも自分にとっては大切なものばかり。教師力アップセミナーもUD学会も「新作」の授業をしなければいけないということで、かなり熟慮をした。自分の授業の特徴は自覚しているので、それを生かしつつ、新たな挑戦もすることができた。いつまでも挑戦し続けることの大切さを感じた。

〇3年ぶりに単著「実務が必ずうまくいく 副校長・教頭の仕事術 55の心得」を明治図書から発刊。著者としては売れ行きが気になるところだが、こちらの予想以上。有難いことである。本自体は今回は半年以上前に一通り書いているので、発刊されるころには「書いたのはかなり前」という印象。今後も発行し続けることも大事だと実感。

〇原稿もいくつか。来年度の新連載もスタート。社会科のアクティブラーニングを自分で学ぶよい機会だと思っている。今回は4月号。授業開きについても2本書いた。夏の講師役の依頼もいくつか連絡が来た。すでに来年度に向かって動き出していることを実感している。

〇校務関係でも社会科を深めることができた。特に地区社研では筑波大学附属小の先生に来ていただいて、よき研究会となった。校内でも授業参観したり、ディスカッションしたり。社会科を深めた1月だった。

| | Comments (0)

2016.01.30

鉛筆が正しく持てず、きれいな字が書けない子

明治図書のサイトで「スッキリ解決☆学びにくい子への学習つまずきサポート」という連載が月に1回行われている。
学級担任なら「これは確かにあるなあ…」という事例が掲載されている。
今回掲載されたのは、「鉛筆が正しく持てず、きれいな字が書けない子」である。
低学年担任の時に担任した何人かの子どもたちの顔が浮かんだ。
それぐらいその指導には苦慮した。何度も「こうやってもって、手本のとおりなぞるんだよ」と教えても、簡単にはいかなかった。

今は支援の在り方に関する情報も多くなっている。この連載もその一つ。
つまずきの原因から、その具体的な対策まで「なるほど」と思うことが書かれている。
自分の担任時代の取り組みの浅さを改めて反省してしまった。

12月号では、「板書をノートに写せない子」について書かれている。こちらもありそうな事例だ。こちらも参考になる。

| | Comments (0)

2016.01.29

悩みながら書く

来年度も,とある雑誌の連載をすることになっている。3週間後には3月号が発刊され,その時に予告が出るであろうから,改めてその時には紹介したい。ここ数年、2014年度を除いて何らかの連載を続けてきている。有難いことである。

 さて,その連載原稿は2ページ。決して多くはない。先日が締切だったのだが,かなり苦戦した。連載なので今後を見通した1回目に何をもってくるべきかかなり悩んだ。今まで「原稿がすらすら書けた」ということはほとんどないのであるが,これだけ書くまで時間がかかったのも久しぶりであった。それはそれで自分の力になる。

 考えてみたら、かつては依頼された原稿テーマについてはかなり先行文献を調べたものだった。インターネットのない時代だから、本屋に出かけてはかなりの文献を購入してから取り組んだ。それが自分の知識の土台を作るために一役買ったのは間違いないであろう。
 今回も自分にとっては学ばなければいけないテーマ。学びつつ悩みながら書こうと思う。
 

| | Comments (0)

2016.01.25

年をとるのも悪くはない

 年齢を重ねると「若い頃のようにはいかないな…」と思うことがいくつも出てくる。
 身軽に動けない、大事なことを忘れる、睡眠不足だと翌日てきめん・・・記憶力はそれほど退化はしていない(と思っている)が、体に関することは何ともしかたがないことばかりだ。そもそも、体力面・健康面の維持のために必要なことを20代からずっとしていない。それでも、何とか仕事を続けられている体ではある。これは親に感謝。

 さて、そんな中でもJR東日本の大人の休日倶楽部は、年を重ねたからこそ(50歳以上)使うことができるものだ。
 年3回のパス(東日本乗り放題)をこの1月も有難く使わせていただいた。父の一周忌に関わってもともと移動予定だったのにあわせて、週末を使ってなかなかふだん行くことができない長野を訪れた。今まで長野は10年前に一度行っただけ。それも学会参加で観光は一切なしで慌ただしく往復した記憶しかない。東北とは違う風景や食文化に社会科的な学びも得た。4日間乗り放題であるが、現実は2日間+アルファ程度。それでも今の自分にとっては有難い乗り放題だった。年をとるのも悪くはない。

| | Comments (0)

2016.01.24

自分の学生時代

以前も紹介したが、1月9日の教師力アップセミナーで、玉置先生の研究室の学生さんが多数参加し、研究室のホームページに感想を次々と書き続けている。
感心するばかりである。

自分の学生時代はどうだったろう?とそれらの感想を読みながら思った。3年、4年時は家庭事情でアルバイトにかなり精を出していた時代。
大学の講義や研究室で教師になるための勉強はしていたものの、研究会に参加したり、講座の感想を的確に書けたという記憶はほとんどない。唯一、「日本社会教育学会」を研究室の先生が担当ということで、お手伝いをした記憶だけだ。「サボっていていい加減」という学生ではなかったが、今回学生さんたちに比べたら全く恥ずかしい限りである。
その結果、採用数が多かった時代なのに2年間で採用試験に3度落ち、やっと岩手で合格した。まあ、教員になってからは、「プラスアルファの努力はした」と言えるが。

ただ、大学の恩師には恵まれた。卒論担当の對馬先生には自分の境遇を案じていただいて、大変お世話になった。先生の教育史の講義で外国の教育学者の本を読んだことも、今の自分の基礎体力になっているだろう。
ドイツのディースターヴェーク研究の第一人者であったので、氏が言っといわれる「進みつつある教師のみ人を教える権利あり」という言葉についていつか伺いたいものだと思う。
また、北方教育の第一人者である戸田先生のおかげで、地域に根差した教育の大切さを実感することができた。
決して第一希望の大学ではなかったが、自分にとっては最高の大学であった。人生の巡り合いの大切さをつくづく感じる。

| | Comments (0)

2016.01.23

歩いて改めてわかる

年に数回、朝歩いて車を取りに行くことがある。
昨日がその日だった。
前日にPTAの懇親会があり、車をそのまま会場にとめた。
そこまでは家から歩いて20分ほど。「タクシーでいくほどでもないだろう。相変わらず運動不足だし」と思い、家をふだんより15分ほど早く出た。

快調に歩いていくはずだったが、「冬道」ということを意識していなかった。
車道は除雪されていたため乾いているが、歩道は雪が凍っている状態。アイススケートのリンクがでこぼこになったような状態のところもあった。急いでいくと、転ぶ危険もあるので、ゆっくりと歩く。何とも怖い思いをした。

時々車道を歩く人を見かける場合があるが、その気持ちはよくわかった。
歩いてみて改めてわかることである。ずっと車ばかりだと忘れてしまっている。
子どもたちが歩いている時の危険性も想像せざるをえなかった。

| | Comments (0)

2016.01.21

「怒鳴り込まれたら勝ちと思え」

「怒鳴り込まれたら勝ちと思え」…一見したら、「どういうこと?」と思うかもしれない。
こちらのブログより。

---
私はよく、「カウンセラーをしていて怒鳴り込まれたら勝ちと思え」と言っています。怒鳴り込みに来られたら、じつはこっちの勝ちなのです。
 どうしたらいいと思いますか。そういうときは、一生懸命、話を聞いたらいいのです。なかでも一番大事なのは「腰をすえて聞く」ということです。相手は怒りに来ているのですから、どうしても話が堂々巡りになる。
 ところが、相手の言い分をじっくりしっかり聞くということをこちらがやると、相手はもともとこころの底のほうでは自分はおかしいと思っているわけですから、ワーッと言っているうちに、だんだんわかってくる。そういう人は多いのではないでしょうか。
---

示唆に富む内容である。
本校にも定期的にカウンセラーさんが来校しているが、その対応ぶりを見ていると本当に学ぶ点が多い。
そして、それは対子どもだけではなく、保護者や教職員間にも通じることが多い。
さらに、このようなパッと目に入ってくるフレーズ。
自分の実践のキーワードもこのようにしてまとめることができないかなーとも思う。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧